結婚指輪を付けない人ってどう?

結婚をしているかどうかを判断する時に左手の薬指に結婚指輪をしているかどうかをチェックする人も少なくないと思いますが、この結婚指輪は結婚していても付けていない人もいますよね。

結婚指輪を付けない人ってどんな人なんでしょうか?

結婚したら、結婚指輪をつけて落ち着いてほしいと考える人もいる様で、浮気防止に絶対付けてほしいと願う女性も少なくない様です。

▼関連記事→結婚指輪はつけるべき? 61.0%の男性が「そう思わない」と回答! ただし女性は…… – Ameba News

しかし、結婚指輪って付けたくても付けられない人がいます。

それは仕事上、指輪を付けていられないという職種の場合です。

医療関係や介護関係、電気関係の仕事などでは付けていられないという人もいて、中にはネックレスにして身に付けている人もいる様です。

その他の理由には金属アレルギー体質であるということもあります。

金属が肌に触れると赤くなってしまったり、酷い人では痒みや腫れが生じてしまう場合もあります。

人気素材のプラチナは金属アレルギーが起こりにくいといわれていますが、実際には駄目な人もいます。

今はチタンやレアメタルなど金属アレルギー体質の人用の素材の結婚指輪も増えているので、アレルギーが出ない素材を探すことができれば、結婚指輪を付けることができます。

結婚指輪をしていなければ、モテル?と思っている人もいるかもしれませんが、最近では結婚しているのに指輪してないっていうのは信頼できないと考える人もいる様です。

下心で付けないというのはおすすめではないかもしれませんね。

結婚指輪は、仕事の関係上付けられなかったり、アレルギー体質で付けられないということもあります。

結婚指輪を付けっぱなしってどう?

結婚指輪というのは毎日付けるもので付けっぱなしにしているという人はかなりいる様です。

結婚指輪を付けっぱなしにするって、傷とか生活など、実際どうなのでしょうか?

仕事の事情や、家事やお風呂の際に傷つけたくないからと結婚指輪を外すことのある人もいるのですが、実際に結婚指輪の付け外しのメリットやデメリットを考えてみましょう。

結婚指輪を付けっぱなしにするメリットといえば、やはり紛失の心配がない!というのが一番のメリットでしょう。

大切な結婚指輪ですが、意外に失くしてしまうという人もいる様です。

手を洗う時に誤って排水口に流してしまったという様なこともあります。

小さな指輪ですから、やはり外すことによって失くしてしまう可能性というのは高くなりますよね。

その他、面白いメリットとして、結婚生活を送っている間に太ってしまうという人も少なくないのですが、結婚指輪を付けっぱなしにしておくことで、その指だけは細いままなんて喜んでいる人もいる様です。

結婚指輪を付けっぱなしにするデメリットといえば、それは衛生的な面です。

付けて様々な用事をしていれば、やはり指輪の内側は汚くなってしまいますよね。

その指輪を付けてお料理をしたりすれば、食中毒の原因になることも無くはありませんので注意が必要です。

【Check!】⇒URL:http://www.yoshida-pharm.com/carlisle/0804/review05.html

その他、付けている時間が長ければ、その分傷つきやすいということもあります。

結婚指輪は付けっぱなしにしている人も多く、紛失の心配がないというメリットもありますが、衛生面や指輪の劣化というデメリットもあります。